Monthly Archives: June 2013

ベトナムの新しいハワイの一つとしてCu lao Cham発見

Cu lao ChamはQuang Nam省Hoi An市Tan Hiep島村の島であり、Cua Dai海岸から約15キロに位置している。Da Nang・Hoi An・Cua Dai・My Son聖地など有名なリゾートに属してもCu lao Chamはまだワイルドである。ここはUNESCOが2009年に世界生物圏保護区を認められ、若者又はカップルにとって面白い観光地である。

CÙ LAO CHÀM

CÙ LAO CHÀM 4

緑の弓形に沿って8小さな島で、Cu lao ChamはQuang Nam省で近年に投資されているワイルド列島の薬の一つである。Cu lao Chamに初め行く人はこの島が誘致させるそうである。森林の原始翡翠色はで柔らかい白砂で海青に繋がり、黄色日向と青い空の下にきらきら輝いている。

CÙ LAO CHÀM 8

CÙ LAO CHÀM 6

現在、Cu lao Cham海保護区は毎年の約2万人の観光客を誘致している。観光客を誘致しているものは海のワイルド美しさ、旧式文化を拝むこと、自然を自分で発見することである。

Ha Noiブン・チャー

参考住所:

  • Hoan Kiem区Hang Khoai 通り2裏通り
  • Hoan Kiem区Hang Than通り34号にあるTuyetブン・チャー
  • Hoan Kiem区Hang Chieu通りDong Xuan裏通りHang Ngaブン・チャー
  • Ba Dinh区Nguyen Bieu通り23号

BÚN CHẢ HÀ NỘI 2

不格式な料理で、ブン・チャーはどんなに離れて行っても田舎の味独を覚える特な料理になる。

ブン・チャーは首都の飲食文化の理念として、長年にわたって、素朴・魅惑的な美しさを保持している。

BÚN CHẢ HÀ NỘI

ハノイブン・チャーは全国の多くの地方に導入している。Ha Thanh人の多くのエリート料理の中で、ブン・チャーは到る所から来る食客の飲食スタイルに簡単に合うように思われる。ブン・チャーは、通常、同時に2つのチャーを含む。それは丸いチャーとスライスチャーである。丸いチャーはぐちゃぐちゃに切って丸くにする肩赤味、塩、胡椒、タンパク質35度以上の漁礁、、砂糖、みじん切りにしたねぎ、植物油、水脂肪を混ぜることから作られた。

BÚN CHẢ HÀ NỘI 4

「ハノイの36通り」と言う本にはThach Lamはブン・チャーの魅力について次に書いた。「田舎にいる教師の一人はある日Ha Noiに行ってチャーの煙を嗅ぐとき、2つの詩を言った。Thang Longの千年宝物、ブン・チャがここにあり、それはないか?」

 

DA LAT

長い時間に亘って、Da Latは、愛渓谷、Lang Biang高原などで有名な観光都市であった​​。

ĐÀ LẠT 7

夏の終わりに雨、ホテルとして使用される大邸宅につながる優しい経路はDa Latの静かな松丘の間に位置する。高原の寒さで全体の寝ている渓谷を拝むために市心部に近くないが、十分に離れて。この霧街絵は、小さな丘、緑の松の木とフランススタイル美しい大邸宅に欠かせない。夏末にDa Latは、寒さが肌に侵入することができた、寒さ又は大邸宅の暗黙な雰囲気を壊し恐れがあるから、木製の床の上に静かに踏んで、それはとどうして分からない。初冬、Da Latは純粋な露中の睡眠、小さい店の間にコーヒードリップのコップがゆっくり滴下している。

ĐÀ LẠT 9

ĐÀ LẠT 6

人々は花街の優美、秀麗のでDa Latを愛してる。交通人線にもかかわらず、人々はまだ道端に沿って咲く色の花が見える。

ĐÀ LẠT 2

ĐÀ LẠT 5

ĐÀ LẠT 4

又は、Lang Biangから見える緑渓谷と曲がりくねった川を持つので、Da Latを愛してる。真っ青な空と晴れる色は初春に肝を注いでいるそうである。ここに立つと、胸板を開けてその空気を呼吸することはある日去ればとても覚えると感じる。

Hoi An-飲食発見所

HỘI AN

Hoi Anは小さい町であるが色々な料理がある。ごとに夜明けにはThai Phien通りで一緒に売買している多くのシェフを含む小さな軍隊がいる。彼らの焜炉と器具は舗道の上に一杯置く。その後、市は甘いオートミールのカップ、コーヒー、香りケバブ、唐辛子、ウコン、生姜の魅力的なスープんで朝食を持っているでしょう。ベトナムでは、通り料理は文化の一つである。各料理は日中に準備され、同一人による作られ、一生涯で職業に愛着がある人もいる。

HỘI AN 2

「Hoi An飲食は陰と陽の結合である。」Le Hanh若いシェフが話した。「それは厚いと涼しい、甘いと酸い、塩辛いと多くの調味料の均衡である」。Hanhさんの理論のどおり、Hoi An飲食は逆な風味に基づく。醤油のあちたを新鮮な草木の洗練、レモングラスに混ぜのは食客が忘れない。